menu

保険者の調査文章に対し、厚生労働省が指導・改善を求める

2013/08/01

柔整ホットニュースでは6月19日掲載の最新トピックにて「民主党柔道整復師の業務を考える議員連盟」(以下、柔整議連)の役員会の模様をお届けしたが、その中で全国柔道整復師連合会より問題提起された健康保険組合が被保険者に送ったとされる調査文書について、関東信越厚生局が両保険者に対し指導・改善を求めていたことがわかった。

編集部ではその健康保険組合が被保険者に送ったとされる調査文書、並びに関東信越厚生局が両保険者に行なった指導の報告書を手に入れたので会員の皆さんにお伝えする。

A健康保険組合

B健康保険組合

指導報告書

 

※クリックでPDF表示

 

厚生労働省はその他にも、前回の柔整議連役員会において全国柔道整復師連合会より提議された案件に対し、文書にて回答を行なった。

※クリックでPDF表示

柔整ホットニュースでは問題となったの両保険者に取材を申し込んだが、取材許可を得ることが出来なかった。

今後、柔整ホットニュースでは適切ではない患者調査文書等を随時掲載していく予定です。そのような調査文書の情報を持たれている方は是非編集部までご連絡ください。

 

大会勉強会情報

施術の腕を磨こう!
大会・勉強会情報

※大会・勉強会情報を掲載したい方はこちら

編集部からのお知らせ

メニュー